SIGN UP
LOG IN
HOME

お部屋公開専門サイト ルームフレーバー 見せて!見つけて!あなたらしい暮らし方


お部屋公開中


HOME > スタッフのおすすめ > お部屋レシピ

スタッフおすすめ
お部屋レシピ

お部屋レシピTOPへ戻る


リースの作り方

オリジナルのリースを作ったことはありますか?材料集めや作り方が難しそうと思われがちですが、ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどの他に、布や紙など身近にあるさまざまな素材を組み合わせて、もっと簡単に作ることができるのです。
今日は素敵なオリジナルリースをいくつも製作されているchokottoさんに、初心者の方でも楽しめる作り方をお伺いしました!


chokottoさんのプロフィールはこちら







準備
put
■アクセサリー作りに使う布でできた花(3種類)
■リボン■チケット■クリップ
■その他、合わせてみたい花材たち
(フェイクの実物、自然素材としてプリザーブドフラワーのブルニアを2色)
put
■グルーガン(ボンドでも可)
■ピンセット
※ボンドでもつくんですが、やはりグルーガンがいいと思います。また、ピンセットがあると、細かい作業がしやすいと思います。
put
1時間程度
put
★★☆☆☆



ポイント
ドライフラワーや、プリザーブドフラワーをメインにするのではなく、布素材の花をメインにしてみました。手軽にひとつだけ作ってみたいけれど、プリザーブドフラワーの花材はそろえるだけでコストもかかるし、買った方が…と思われる方も多いのではと思います。

リース土台やリボンは100均です。また、布素材とフェイクで作れば長持ちもします。
今回使った素材は、いわゆる造花と違って、ナチュラルでインテリアにぴったりだと思います。
http://www.ss-sansei.com/
プリザーブドフラワーのブルニアを一つ混ぜたのは、何か一つ自然素材を加えることで、よりナチュラルになるからです。ブルニアはお気に入りなので、使いましたが、松ぼっくりなど、手に入れやすいものでもいいと思います。

そして、チケットやクリップなどの雑貨を取り入れることで、雑貨感やレトロ感も出せたらな〜と思いました。



レシピ


step1
作りたいリースをイメージしながら、
合いそうな材料をそろえる。




step2
いくつか花のワイヤーを短くカットする。


step3
リースの上に材料を仮置きして、完成のイメージを大まかにでも固める。


ポイント
これをすると、作業がスムーズに進みます。



step4
リースのセンターくらいの位置にリボンを付ける。
つるの一本にグル―を付け、巻きつけるような感じでリボンを付ける。


ポイント
グル―は熱いので、ピンセットを使って押し付けるようにすると付きます。グル―は固まるのも早いので、接着させる部分にその都度グル―を付けて貼り付けます。

step5
リボンを巻き付けたつるに、チケットをクリップではさむ。




step6
下地ができたところで、いよいよ花材を付けていく。
まずは、フォーカルポイントとなる左側から作る。

花材をひとつひとつ、裏にグル―を付け、接着していく。上から順番にメインのコーナーを仕上げていく。


ポイント
ポイントは前から見るだけでなく、横からも見ることを意識して、接着している部分が丸見えにならないように気を付けながらつけていきます。

平面的にならないように、花材を立体的にグル―で接着していくのもポイント。
また、必ずリース土台と花材を接着させます。

step7
色んな角度からみながら、さらに花材で埋めていく。




step8
右側のサブコーナーを同じように仕上げる。メインの左とバランスを取りながら、左側のメインより控えめに作る。


step9
足りない部分はないか?反対につけすぎた部分はないか?バランスなどのチェックをして、完成!






Q & A


Q
今までにどのようなオリジナルリースを作りましたか?

A
たくさん作りましたが、どれもドライやプリザーブドフラワーを使ったインテリアリース、
やトピアリーもたくさん作ってきました。
自宅用のリースは季節に合わせて作ったものはなく、実はオールシーズン飾れるものばかりなんです。笑インテリアの主役!て感じじゃなく、引き立て役という感じくらいが好きなので。色も渋めに作ることが多いです。

Q
ご紹介いただいた材料(布の花やチケット、クリップなど)の他に活用できる物はありますか?

A
活用できるものって、たくさんあると思いますが、手芸屋さんの色んなパーツや、
好きなレトロなモノ結構いろいろあります。実際に合わせてみると、新しい発見も多いと思います。王道ですが、季節感を出すなら、貝殻やワインコルクなんかも使えるようです。

Q
おすすめの自然素材は他にはどのようなものがありますか?

A
手軽さで言えば、お金をかけず調達できる松ぼっくりやどんぐり、木の枝など。息子と一緒に行く公園で拾うのも楽しいものですし、思い出にもなりますね。
ワタシの場合は、ほんの少しですが庭で育てた花をドライにして、使うことも。
でも、今回作ったようなフェイク素材が主役のリースの場合は、リペアしやすい素材のものが、あとあと便利かな〜って思います。

Q
おすすめの飾り方を教えてください。

A
壁にかけるだけではなく、雑貨に立てかけたり、何個かまとめて壁にかけたり、小さめに作って、雑貨と一緒に飾ったり。

Q
贈り物にするときにおすすめのラッピングアイデアはありますか?

A
リースは壊れやすいので、箱に入れるのがいいのでしょうが、シンプルにふんわりくるんだだけのラッピングも好きです。大切に運ぶ様子が好き。

ワイヤーで枠を作ったり、中が見えないようにしたりするのは、開ける時の楽しみがあると思いますが、透明のラッピングフィルムでくるんで、リボンを巻くと、作品を引き立ててくれます。かわいらしくおめかししてお嫁に出してあげるのもいいな〜と思って、こういうラッピングをしたこともあります。
オリジナルタグを制作するのも楽しむといいのでは?ショップ気分で楽しいと思います。












リースは一つあるだけでも、お部屋の雰囲気が明るくなったり、ナチュラルな雰囲気になったり、ディスプレイとして大活躍します。季節ごとに色や、素材を変えればそれだけで、模様替えもできるのでたくさんあってもいいですよね。玄関やディスプレイコーナー、壁などさまざまな場所に飾ってぜひ楽しんでください。


お部屋レシピTOPへ戻る



MY PAGE

ログインID  
パスワード  
次回から自動的にログイン


MyPageログイン
メンバーになろう!
QRコード
スマートフォン版表示




バナー


ニュース
【2016年】富士フイルムの写プライズサイトで公…
2016.01.04

ハンドメイドパーティータイムズ 企業コラボレ…
2014.02.18

NEW【ルームモデル活動】活用事例 追加しました
2014.02.05

【NEW!】スマートフォン対応のお知らせ
2013.01.11


READ MORE


セレクトニュース
[梅雨バテにスパイス]今日の注目のルームフレー…
2017.05.26
[ルバーブ]今日の注目のルームフレーバーrevival
2017.04.25
[イースター]今日の注目のルームフレーバー
2017.04.05
[絵の飾り方]今日の注目のルームフレーバーreviv…
2017.03.29

READ MORE





バナー


▲ ページの先頭へ