SIGN UP
LOG IN
HOME

お部屋公開専門サイト ルームフレーバー 見せて!見つけて!あなたらしい暮らし方


お部屋公開中


HOME > スタッフのおすすめ > お部屋レシピ

スタッフおすすめ
お部屋レシピ

お部屋レシピTOPへ戻る


手帳カバーの作り方

毎日使うものだからこそ、お気に入りのものを持ち歩きたいですよね。
今回は、ukoさんに「手帳カバーの作り方」をお伺いしました!
手帳を開くたびに楽しくなりそうです。

ukoさんのブログはこちら







準備
put
■生地 (サイズの測り方は【STEP1】を参照)
・表布 W44.6cm×H21cm 1枚
・裏布 W48.6cm×H21cm 1枚
・ペンホルダー W7cm×H6cm 2枚
■接着芯(アイロン/片面タイプ)
・表布用 W42.6×H19cm 1枚 (表布が厚地の場合は不要です)
・ペンホルダー用 W7cm×H6cm 2枚
■モチーフレース、アップリケなどお好みで (装飾用)
■手芸用or木工用ボンド
■布用のり(仮止めに便利です)
put
■アイロン
■ミシン
put
3時間
(コツをつかめばもっと短くなると思います)
put
★★★☆☆



ポイント
今回の接着芯は薄いタイプのものを使用しています。
接着芯によって、仕上がりの風合いが変わります。
柔らかい感じが好みなら薄いタイプ、ハリがある方が好みなら厚いタイプと、
仕上がりを想像しながら選ぶのも楽しいと思います。



レシピ


step1
(1)手帳のサイズを測る。
今回の手帳は、B6サイズ(横12cm×縦18cm×厚み1.6cm)。
また、手帳の表紙を差し込む部分は幅8.5cm。

(2)表布のサイズを決める。
手帳に色々と挟んで厚みが増すのを考慮して、横2cm、縦1cmの余裕を持たせる。
また縫いしろ(1cm)もプラスする。

横:★24cm+1.6 cm+2 cm=27.6 cm
  ▲表紙を差し込む部分
縦:18 cm+1 cm+2 cm(縫いしろ)=21 cm

(3)裏布のサイズを決める。
裏布の横幅は、表紙の差し込み部分(●)の端に裏布の柄が見えるようにするために、表布よりも4cm長くする。

(4)ペンホルダーの生地サイズを決める。実際に使用するペンの太さを測り、きつくならないように余裕を持たせる。


ポイント
使用する手帳のサイズ(横・縦・厚み)を測って、最低でも1辺あたり5mmの余裕を持たせれば色々なサイズの手帳に応用できます。



step2
それぞれの生地と接着芯を裁断し、表布と裏布に縫いしろ(1cm)の線を引いておく。


step3
表布とペンホルダー用の生地に接着芯を貼る。
表布は【STEP2】で引いた縫いしろ線内に貼り、ペンホルダーは端まで貼る。


ポイント
貼る時は中央から端に向かって、伸びないようアイロンを上から押すようにしてかけます。



step4
ペンホルダーを作る。
(1) ペンホルダーの生地の上下中央に線を引く。

(2) 中央の横線に向かって上下から折りたたみ、アイロンをかけて折り目をつける。内側に木工用ボンドを軽く塗って貼り合わせる。

(3)片側の端を内側に5mm折り、アイロンをかけて折り目をつける。

(4)(3)で折りたたんだ部分に木工用ボンドをつけ、反対側の端を間に挟んで固定する。


ポイント
ボンドで貼り合わせるのは、ペンを差した時に引っかからないようにするためです。

step5
ペンホルダーを本体に縫い付ける。
表布の左右の両端から7.5cmのところにペンホルダーを配置して、2〜3回往復して縫い付ける。


ポイント
上端からの位置は、ペンが手帳の中央に来るように調整してください。



step6
モチーフレースなどで装飾する場合はここで接着しておく。


step7
(1) 表布と裏布を中表に合わせて左右の両端を縫う。

(2) 生地を表に返して、(1)で縫った左右の縫いしろを裏布側に倒して、上からアイロンをかける。

(3)裏布の縫いしろを包むように後ろ側にまわし、上からアイロンをかける。


ポイント
裏布の横幅は表布よりも4cm長いですが、両端の縫いしろをきちんと合わせます。(裏布のゆとりは写真のように中央に寄せます)



step8
生地を裏に返して、左右の端を差し込み部分の幅(今回は8.5cm)の分だけ内側に折りこむ。


step9
(1) 左右の端を内側に折りこんだまま上端を縫う。

(2) 下端は中心に8〜10cmほどの返し口を残して縫う。




step10
縫いしろの角(4か所)を斜めに切り落とす。


ポイント
角を切り落とすと、表に返した時にキレイに整います。

step11
返し口から表に返し、角をキレイに整えてから返し口を縫いとじる。
アイロンを軽くかけ形を整えたら完成!!






Q & A


Q
手帳カバーを手作りしようと思ったきっかけは何ですか?

A
手帳の中身が気に入っても、カバーが好みではないことが多かったからです。日頃から「作れるものは自分で作ってしまおう!!」というモットーなので、ほぼ毎年のように手帳カバーを作っています。

Q
作る際に参考にしたモノやコトはありますか?

A
この手帳カバーのペンホルダーは「ほぼ日手帳」のカバーを真似ました。ペンを差すと手帳が勝手に開くことがないので気に入っています。

Q
生地はどこで購入したものですか?また、おすすめのショップはありますか?

A
今回のカバーに使用したギンガムチェックの生地は、セリアで購入したキッチンクロスです。お気に入りの生地は偶然出会うことが多いので、特におすすめショップというのはありません。

Q
表布、裏布、ペンホルダー生地の柄の組み合わせ方にポイントはありますか?

A
同系色で合わせると失敗が少ないと思います。今回は柄同士の組み合わせなので、うるさくならないように2種類に抑えました。

Q
イニシャルモチーフの他にポイントとしてよく使うモチーフはありますか?

A
イニシャルが付いている物が大好きなので、ついつい、イニシャルモチーフばかり使ってしまいます。ポイントとして小さく刺繍をすることもあります。

Q
その他に作った手帳カバーのアピールポイントは何ですか?

A
リバティの生地を使ったカバーは、ワックスコードをグルグルと巻いて、手帳を閉じるようにしました。
ソレイアードの生地を使ったカバーは、リネン生地との組み合わせがシンプルだったので、
黄色い刺繍糸でステッチをしてみました。









生地の柄合わせや装飾によって表情が変わります。ポケットやしおり紐をつけたり、自分使用にアレンジして、お気に入りの一冊にしてくださいね。


お部屋レシピTOPへ戻る



MY PAGE

ログインID  
パスワード  
次回から自動的にログイン


MyPageログイン
メンバーになろう!
QRコード
スマートフォン版表示




バナー


ニュース
【2016年】富士フイルムの写プライズサイトで公…
2016.01.04

ハンドメイドパーティータイムズ 企業コラボレ…
2014.02.18

NEW【ルームモデル活動】活用事例 追加しました
2014.02.05

【NEW!】スマートフォン対応のお知らせ
2013.01.11


READ MORE


セレクトニュース
[梅雨バテにスパイス]今日の注目のルームフレー…
2017.05.26
[ルバーブ]今日の注目のルームフレーバーrevival
2017.04.25
[イースター]今日の注目のルームフレーバー
2017.04.05
[絵の飾り方]今日の注目のルームフレーバーreviv…
2017.03.29

READ MORE





バナー


▲ ページの先頭へ