SIGN UP
LOG IN
HOME

お部屋公開専門サイト ルームフレーバー 見せて!見つけて!あなたらしい暮らし方


お部屋公開中


HOME > スタッフのおすすめ > お部屋レシピ

スタッフおすすめ
お部屋レシピ

お部屋レシピTOPへ戻る


100均リメイク 使いこんだ味をだす方法

手をたくさんかけると、おうちは育ちます。今回はなつめさんに、使いこんだものとあわせるための「100均リメイク 使いこんだ味を出す方法」をお伺いしました。手をかけて、お気に入りの「味」をみつけましょう!

なつめさんのプロフィールはこちら








準備
put
・100均の2段引き出し 2つ
・お好みの取っ手 2つ(今回はホームセンターのプラスチックねじを使用)
・水性ステイン(カラー/ブラウン)
・黒板塗料
・三角カン 2つ(壁に取り付ける場合)
put
・のこぎり
・のこやすり(紙やすりの場合60番くらいがおすすめ)
・はけ(筆でもOK)
・ドライバー
・ドリル
・ボンド
put
2時間(乾かす時間は含まれていません)
put
★★★☆☆



ポイント
のこぎりを使いますので、少し広い場所を確保すると作業がしやすくなります。
ドリルをお持ちでない方は、プラスチックねじの取り付けが難しいので、かわいい画鋲などの足をペンチで切ってボンドで留めてもかわいいと思います。軽い引き出しなので、取っ手でないものでもいろいろ試せると思います。



レシピ


step1
2段引き出しを逆さにし、引き出しを入れる。


ポイント
もともと台座だった部分をトレーに変身させます!
100均の2段引き出しはサイズがまちまちなことがあるので、購入する時は、逆さにして引き出しが入るか、2段引き出しの2つのサイズが均等か、必ず確認してから購入してください。



step2
2段引き出しを2つつなげるため、トレーの合わせ面だけ本体に沿ってのこぎりでカットする。合わせ面をボンドで固定する。


step3
引き出しの取っ手を外す。ちいさなのこぎりを取っ手部分と引き出し部分の間に入れて、少しずつ外すように削る。


ポイント
ものによってはボンドでしっかりついていて簡単に外せないものもあるので、様子を見ながら削ってください。無理に外そうとすると、引き出しの表面から割れてしまうので気をつけてください。



step4
やすりで角を削る。


ポイント
粗めのやすりで角を削ることで、ステインやワックスを塗りこんだときにムラができ味がでます!右側のように削るとより使いこんだ味が出せますが、お好みの削り具合をみつけてください。

step5
トレー面と引き出しの全面を黒板塗料で塗り、そのほかの箇所は水性ステインで塗る。


ポイント
1色だと単調になるので、黒板塗料で引き締めました。水性ステインもいろいろな色がありますが、我が家ではブラウンを使って古い感じを出すのがお気に入りです。



step6
4mmの穴をドリルで開ける。持ちやすくするため、引き出し面と取っ手の間に六角ナットをとりつけ、プラスチックねじをつける。


step7
完成。壁に取り付ける場合は、背面に三角カンを付ける。






Q & A


Q
引き出しを逆さにしてアクセサリーボックスにしようと思ったきっかけは何ですか? 

A
台座がイメージに合わなかったので、なんとなく逆さにしてみたらしっくりきました。

Q
リメイク作品に100均商品を使うメリットは何ですか?

A
手に入りやすく、手軽にできるところです。失敗しても気が楽です。

Q
リメイク、DIY、ハンドメイド作品のアイデアはどのように生まれますか?

A
雑貨屋さんや古道具屋さん、海外のインテリア本、街歩きしながらもいいなーと思ったものを自分の中の引き出しに入れておくと、ふとしたときに思いつきます。

Q
リメイク、DIY、ハンドメイド作品に使いこんだ味を出すコツはありますか?

A
やすりで荒く削ったり、くぎなどで傷をつけたりすると、塗装した時に色のムラができ味となります。塗装するときはきれいに塗らないこと。あとは、古道具屋さん等でよく観察してみると、いろいろな発見があって面白いです。使いこんだような作品にすると歴史を感じるフルイものとも相性がよくなり、全体的にまとまりやすくなります。

Q
使いこんだもの、リメイク、DIY、ハンドメイドのそれぞれの魅力は何ですか?

A
使いこんだものは、そのモノの物語を考えることがとても楽しいです。リメイクやDIY、ハンドメイドは自分好みに手をかけることで、そのモノが物語になっていきます。

Q
使いこんだもの、リメイク、DIY、ハンドメイド作品をひとつの空間にまとめる ポイントは何ですか?

A
風合いをそろえることです。あとは飾るところを決め、余白を残しメリハリをつけることで飾るものが引き立ちます。

Q
おうちを育てていく魅力や楽しく育てるコツは何ですか?

A
魅力は、育てていく時間そのものが暮らしになることです。楽しく育てるには、無理をしないこと、完璧を求めないこと、家族みんなで考えることでしょうか。できることから少しずつ積み重ねていくことで、家族みんなが過ごしやすいおうちに育っていくと思います。











使いこんだもの、リメイク、DIY、ハンドメイド作品、それぞれの物語がおうちを育てることに繋がるのですね。お気に入りの「味」をみつけて、おうちを楽しく無理なく育てていきましょう!


お部屋レシピTOPへ戻る



MY PAGE

ログインID  
パスワード  
次回から自動的にログイン


MyPageログイン
メンバーになろう!
QRコード
スマートフォン版表示




バナー


ニュース
【2016年】富士フイルムの写プライズサイトで公…
2016.01.04

ハンドメイドパーティータイムズ 企業コラボレ…
2014.02.18

NEW【ルームモデル活動】活用事例 追加しました
2014.02.05

【NEW!】スマートフォン対応のお知らせ
2013.01.11


READ MORE


セレクトニュース
[プレスガラス]今日の注目のルームフレーバー
2016.10.11
[ふせん]今日の注目のルームフレーバー
2016.09.06
[貝がら]今日の注目のルームフレーバー
2016.08.01
[ハス]今日の注目のルームフレーバー
2016.07.13

READ MORE





バナー


▲ ページの先頭へ